ホーム子ども > 視覚障害

子ども

視覚障害

弱視児用補助具
弱視児の見えにくさを考慮した読書環境の整備について。現在、保育園や幼稚園などのお子さんを持つ親御さんや
これから受け入れを行う教育機関(小学校)などの方に参考にしていただければと思います。
デジタル絵本(社会福祉法人全国心身障害児福祉財団)
社会福祉法人 全国心身障害児福祉財団。音声で聞けるデジタル絵本を紹介。字幕付きもあり。
WELCOME北海道札幌盲学校(幼稚舎)
北海道札幌盲学校の幼稚舎では、3歳から5歳までの視覚に障害のある子供たちが、目や手を使って
元気に活動できる力を育てている。自立活動は、「よく見て触って確かめる力」「表現する力」「聞く力」を
伸ばすことを目標に、遊びをとおして一人ひとりの自信を育てている。
RP児の親の会
RP児の親の会では、網膜類縁疾患はもとより、重複障害を伴うお子さんを授かったご家族のさまざまな相談に応じています。
一人で悩んでいませんか?
てんやく絵本 ふれあい文庫
子どもが、あるいは、絵本の読み手となる家族が視覚障害者の場合、市販の絵本では十分に楽しむことができません。
「ふれあい文庫」では、そうしたご家族のために手づくりの「点訳絵本」を作り、全国の視覚障害者の方に郵送による
無料貸出のサービスを行っています。
また、子育ての不安を少しでも解消できるような音訳版育児書の製作、貸出などの活動を続けています。
SPAN
(S)視覚障害者の(P)パソコン利用を(A)アシストする(N)ネットワーク=SPAN(スパン)のウェブサイトです。
全国視覚障害児(者)親の会
1981年に視覚に障害を持つ子の親達によって設立された個人会員の全国組織です。卒業後の進路保障と教育・福祉施策の充実を中心に活動し、情報発信・子育て相談・親睦会など「楽しみながらの活動」をモットーにしています。
たんぽぽの仲間たち(みんな素敵)
養護学校の教員と子どもたちとの気持ちの伝え合いについてのってます。音声配信のページもあります。
ページの先頭に戻る