ホーム子ども > 観劇・鑑賞

子ども

観劇・鑑賞

特定非営利活動法人 北海道人形劇協会
北海道の人形劇の情報が得られる。
札幌市子どもの劇場やまびこ座 子ども人形劇場こぐま座
札幌市の人形劇や児童劇などを上演する劇場。
公演がない日でも、図書の貸し出し(毎週水・金曜日)読み語りの会、工作会なども行っている。
江別子ども劇場
未来にはばたく子どもたちに夢をたくましくゆたかな創造性をとの願いを込めて、1977年に
親・青年たちによってつくられました。年4〜5回、舞台劇・人形劇・音楽など生の舞台芸術を鑑賞します。
子どもたちが生き生きとできるキャンプ・スキー・子どもまつり・子ども文化祭・地域でのお楽しみ会などを
みんなで準備して楽しみます。
旭川 人形劇団VIVIDえんじぇる
旭川のアマチュアの人形劇団として平成元年に結成した人形劇団です。
人形劇団えりっこ(札幌市)
人形劇団えりっこは北海道初の専門劇団です。
えりっこの人形劇はさまざまなスタイルの人形を操りどんな場所でも公演できるよう創られています。
こどもはもちろんむかしむかしこどもだった皆さん方にもきっと楽しんでいただけることでしょう。
こどもたちの小劇場 夢探検
「こどもたちの小劇場」は、1997年から始まった旭川市民文化会館の自主制作事業です。主に、小ホールで、
こどものための舞台を上演しています。
愛別町 キノッピー
『キノッピー』は「こどもたちに笑顔を!」を、合言葉に愛別町で活動しているアマチュア人形劇団です。
岩見沢人形劇協議会
「人形劇だいすき」「こどもだいすき」そんな仲間が集まって人形劇や歌や紙芝居、パネルシアター等を
こどもたちのところへ届ける活動をしています。年に一度の人形劇フェステバルを開催しています。
ページの先頭に戻る
オホーツク風雲わくわく団
網走管内を主な活動地域とした1人人形劇団です。「網走管内いつでもどこでも人形劇を!」をモットーに
本業(小学校勤務)と体調(運動不足太り気味)の許すかぎり人形劇の公演をしたいと思っています。
人形劇団こぶしっこ (岩見沢市)
30歳代から60歳代までの主に岩見沢市在住の主婦グループ。近郊を中心に月に数回講演している。
グループ森の演劇情報
「北海道生まれ、北海道育ちの豊かな文化を!子どもから大人まで、心をつなぐ感動のひとときを」
そんな想いから活動を始めたグループ森。
今ではこどものためのお芝居から大人のための芝居まで、幅広い演劇活動をしています。
まっつペイジ
札幌を拠点に読み語り」「人間劇」「人形劇」等で活動中のパフォーマー「ヨミガタリストまっつ」こと
「俳優・演劇人・ヨミガタリスト、松本直人に関するサイト。
札幌こどもミュージカル
音楽の喜びは人間に与えられた宝物。小さいうちに基礎をしっかり身につけていく中で、共に苦しみ、
共に喜ぶ舞台をどんどん経験させて、自分を乗り越える力を育てる。それが人生の生きる力です。
ここで使用している歌もミュージカル作品も、すべてこのためのオリジナルです。
ぐるーぷえるむの森
“親子に届けたいお母さんの手作り劇”と掲げ、児童劇を公演する劇団。1994年4月から活動。
子育て中の母親がメンバー。こどもの劇場やまびこ座、児童会館、幼稚園、地区センターなどで公演。
北海道 札幌を中心に活動しています。
釧路子どもミュージカル「キッズロケット」
1997年5月に設立された子どものミュージカル劇団です。
みんなで一つの舞台を作り上げることで子供たちの可能性を引き出していきます。
劇団さっぽろ
北海道を基点に幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校などの学校公演をはじめ、
老健施設・一般公演と数々の上演を行っている劇団です。演劇のほか、音楽作品もあります。
人形劇団オペレ (札幌市)
札幌市こどもの劇場やまびこ座初心者のための人形劇講座に集まったメンバーで結成。
おたのしみ劇場ガウチョス(札幌市)
札幌を拠点に活動し、マリオネットを中心に人形の制作から上演を行っています。札幌市の人形劇場こぐま座や、全道各地の保育所や幼稚園、小学校、図書館などで公演を行っています。
ページの先頭に戻る